起業をするために商品の作り方|ある方法で売れるコンテンツが完成する

ども!起業家クリエイターパパ社長ヤマト(@viovavoyamato)だよ♪

今回は起業を考えているけど商品が思いつかない方向けに記事を書こうと思う。

こんな悩みがある方必見!

  • いざ起業しようと思っていても売れていく商品が思いつかない
  • 今の時代で需要のある商品の作り方がわからない
  • 今後なくなることのない商品を知りたい

 

そもそも商品が思いつかなければ起業をすることはできない。

無理矢理に商品を考えて展開しても思った以上の売上を作ることができないから今後起業を断念してしまう。

そうならない為にもどんな商品を作っていったら良いのかを解説していく。

私も初めて起業しようと思った時も

 

「商品は何にしたらいいんだろう・・・」

 

と悩んだものだ。

だからこそ言えることがある。商品の作り方を理解してしまえば簡単だ。

 

難しく考えてしまうから固まってしまうだけだ。

 

今回話す内容を踏まえた上で作ることで、相当気軽にできるようになる。

オンライン起業がオススメ

もし商品を一から作っていくならオンライン上で起業することをオススメしている。

なぜなら実店舗で経営するとリスクが高い上に商品を開発していかなければならないので相当な技術が必要になるためだ。

オンライン起業がオススメな理由はこちらを参考にしてもらえたらと思う。

商品の作り方

さて、ここからが本題である商品の作り方。オンライン上でどのような商品を作ったら良いのかを詳しく解説していく。

自分の悩みや課題が商品に

そもそも商品というのは人の5つの不を解消する為に存在している。

 

5つの不というのは不満・不安・不快・不便・不経済のことだ。

 

これらの悩みや課題を解決することで人からのありがとうがお金になっているということだ。

つまり自分が過去に抱えてた悩みを解決した経験も全てお金になる。

女性からモテないけどあることを実践したらモテるようになった。

太ってたのに半年で20キロのダイエットに成功した。

眠りが浅かったのにあることを実践したら熟睡できた。

 

なんでも大丈夫。

 

あなたが抱えてた悩みは他の人も同じように悩んでいるから必ず需要があるということだ。

興味のあることやりがいのあることを商品に

そもそも自分が事業主として展開するからこそ興味のあることやりがいがあるものではないと継続できない。

継続できないということは売上を作れない。

なので必ず自分にやりがいのあるものかどうかで商品は作る必要がある。

今までの趣味や経験を商品に

今まで経験してきたことは全てお金になる。

 

それこそ熱中していたものに関してなら尚更だ。

 

筋トレ、海外旅行、スポーツ、カードゲーム。

なんでも商品にすることができる。

商品は専門性が高くなくても作れる?

結果からいうと誰でも作れる。それが今まで副業や起業をしたことない方でも作ることができる。

例えばスノボーを教える商品を作ったとしよう。

その場合あなたはスノボーのプロ選手である必要があるのか?

 

答えを言うとNOだ。

 

スノボーを数回やったことある人でも教えることはできる。

その教えるターゲットをもともとスノボーをしていた人ではなく、これからやってみたい人。まだやったことないという人向けに販売すれば良いのだ。

つまりここから分かる通り専門性が高くなくてもあなたがやろうと思えることであれば商品化して販売が可能だ。

大事なのはどんな人にどんな価値を提供するか次第になる。

まとめ

今回はお話ししたのは商品の作り方だ。それを今度は販売をして売上を作っていかなければならない。

その具体的な方法をパパに優しいオンライン起業プレゼントで全て解説している。

なので参考までに活用してほしいと思う。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
メール